ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)



ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

 関東学院大学法学部では、以下のようなディプロマ・ポリシー(学位授与方針)を掲げています。

 法学部は、現代社会のさまざまな問題について、それを的確に理解し、解決するため、幅広い法的知識や政策的手法を修得し、問題解決のための制度や法律のあり方を考え、それを提案する力を身につけ、社会のさまざまな分野で活躍できる人材を育てます。 
 

そのため、本学部では、以下のような能力を有する学生に、「学士(法学)」を授与します。

 ・ 法や法政策に関する基本的な知識を修得しています。
 ・ 法や法政策に関する幅広い知識を通じて、現代社会のさまざまな問題を的確に理解し、考えることができます。
 ・ それらに基づいて、問題解決のための制度や法律のあり方を提案する基礎的な能力を身につけています。
 

上述のような学習成果の修得は、以下のような学習環境を通して実現します。


・ 1年生全員に「学びの基礎」を履修させることによって、法学や法政策を学ぶための基礎的な学力を身につけます。
・ 共通科目において、外国語によるコミュニケーション能力を高めるとともに、法や法政策を学ぶため幅広い知識と教養を身につけます。
・ 1年次春学期に「法学の基礎」を履修し、4年間の法学部での学習の基礎を築きます。
・ 学副専攻制度の活用、本学他学部開講科目の受講や横浜市内大学単位互換科目の受講によって、幅広い科目の履修をめざします。
・ 将来の進路を想定した4つのコース制と、基礎ステージおよび応用ステージで構成される体系的な学修により、社会のさまざまな分野で活躍できる能力を身につけます。
・ 2年次から始まるコース制の導入科目として設置される「コース入門」(1年次秋学期配当)により、将来の進路のために必要な知識を修得します。
・ 全学部共通の科目としての「KGUキャリアデザイン入門」・「KGUキャリアデザイン基礎機廖ΑKGUキャリアデザイン基礎供廚砲茲辰謄ャリア形成に向けた自己発見・自己認識の必要性を理解するとともに、法学部独自のキャリア支援科目としての「法学部キャリア形成」により、さらにキャリア形成を進めます。
・  「コース入門」等において配置されるステューデント・アシスタントの利活用により、新入生等のコミュニケーション力を育てます。
・  必修科目であるゼミナールなど、法学部専任教員による少人数演習クラスを通して、研究発表や議論を行う能力を身につけます。
・  4年次生全員に提出が義務づけられる「ゼミナール修了論文」の作成を通して、学修成果を集大成することにより、問題発見、問題分析、問題解決の能力を修得します。
・ 海外における本学提携校で行われる研修等を通して、グローバルなコミュニケーション能力を育てます。
・ 法曹・公務員などの養成に向けた課外講座を各コースに対応した形で設けることによって、将来の進路に対応した知識を修得します。





サイト名: 関東学院大学 法学部   http://hougaku-old.kanto-gakuin.ac.jp
この記事のURL:   http://hougaku-old.kanto-gakuin.ac.jp/modules/faculty1/index.php?id=50