『創造する<平和> 共同性への模索と試み』
受験生の方へ

『創造する<平和> 共同性への模索と試み』
   糠塚康江、浅野俊哉 編著
   関東学院大学出版会
   (2008年3月10日 発行)



目  次

   プロローグ <平和の創造>とは――新しい共同性と民主主義の構築  (浅野俊哉)

   I <平和>をめぐる思想史的断章

     ヨーロッパ思想史における「平和」の位相  (藤田潤一郎)
     スピノザの平和論とホッブズ――近代初頭の政治的思考の現代性  (浅野俊哉)
     アメリカ史における宗教と平和  (佐藤光重)

  II 国際社会における<平和>へのアプローチ

    地域の組織化――EU(ヨーロッパ連合)の試み  (高瀬幹雄)
    ユーロ出現の意味すること――欧州通貨協力と「平和」の創造  (田中綾一)
    主権国家の組織化――国連という仕組み  (高瀬幹雄)
    人権の国際化――国際人権法の考え方  (武藤達夫)
    自由貿易体制とガット・WTO――経済的繁栄と平和の相互依存性  (本田直志)

  III 市民相互間の<平和>の創造

    安全と安心をめぐる行政と市民の対話――リスクコミュニケーションとは何か  (織朱實)
    民事紛争の解決と私的自治  (小林孝一)
    「戦争・平和」とメディア――その可能性と課題  (丸山重威)
    噂と真実の間――公共という匿名空間  (籠谷和弘)

  エピローグ <創造する平和>へ  (高瀬幹雄)

  あとがき