『リベラル・アーツのすすめ−法学部で学ぶ−』
受験生の方へ

『リベラル・アーツのすすめ−法学部で学ぶ−』
   関東学院大学法学研究所 編
   関東学院大学出版会
   (2013
年3月30日 発行)



目  次

  リベラル・アーツとは何か  (浅野俊哉)

   i) 語学・文学系

     【社会言語学】  方言と標準語:どちらがエライのか  (串田美保子)
     【第二言語習得】  第二言語習得理論から英語を学ぶとは  (熊澤孝昭)
     【英文学】  ヴィクトリア朝の小説に描かれた人間と社会  (田口幹比古)
     【仏文学】  小説の発展と現代的課題  (大鐘敦子)

   ii) 人文系 

     【キリスト教学】  生の根源的不安から人間を救い出す信仰  (村椿真理)
     【哲学】  「学ぶことができない」学問  (浅野俊哉)
     【歴史学】  歴史から学べるか・過去から学べるか  (土浪博)
     【心理学】  心理学で人の心が読めるようになる?  (鈴木みゆき)

   iii) 社会科学系

     【政治学】  「劇場政治」と「観客支配制」  (藤田潤一郎)
     【国際関係論】  国内問題を知る手がかり  (高瀬幹雄)
     【情報科学】  人間の情報処理におけるエラーを考える  (籠谷和弘)
     【経済学】  「タダメシ」はこの世に存在しない  (田中綾一)

   コラム 
     第二外国語のすすめ〜もっとことばを!  (土浪博)
     TOEIC受験に挑戦してみよう  (熊澤孝昭)