卒業生による講演会【コース入門】を開催しました<その17>

投稿日時 2010-6-28 13:28:00 | トピック: 法学部ニュース

法学部では、2年次よりコース制を導入しており、将来の進路にあわせ、5つのコースに分かれ勉強していきます。
まず、その手始めに、2年生全員が「コース入門」を履修します。


6月16日(水)は、法学部卒業生(法学部第1期・2期卒業生)2名をお迎えし、講演を頂きました。
 

【開催日】  2010年6月16日(水)
【テーマ】  「法学部卒業生として企業で働くことの意義と課題 その2」


















コース入門は、スチューデント・アシスタント(SA)が講義のお手伝いをしています。
今回は、スチューデント・アシスタントのS.Kさんに講義の内容をまとめてもらいましたので以下に紹介します!

*******************************************************************************
第10回 コース入門(ビジネス)
 

 今回の講演は、本学部卒業生の上野知加子さんと熊澤肇さんをお招きして、社会人として今日に至るまでの様々なお話をしていただきました。
上野さんは、電化製品の研究開発に携わるお仕事のなかで、理系出身者に囲まれた職場で頑張ってきたことや、総合職としての仕事の魅力について話してくださいました。その中でも苦労談の一つとして、「自分は一生懸命やっていても、なかなか評価されないこともある。それでも、なるべくその製品を使ってもらうことで、製品の良さを分かってもらおうとするのが、この仕事の大変なところ」と話をしてくださったのが、とても印象的でした。
熊澤さんは、自動車部品の製造メーカーで、部品の品質に目を向ける、言わば、私たちが安心して自動車に乗るための、とても重要なお仕事をされています。熊澤さんは、「自分が、何らかの形で関わっているものが人に使われているときには、この仕事のやりがいや達成感を感じる」とおっしゃっていました。「ものづくり」はとても魅力的だということを、私は学びました。
また、近い将来の就職活動を見据えて、上野さんと熊澤さんからアドバイスをいただきました。就職活動に欠かせないこと、それは「何か打ち込めるものがあること」だそうです。何か打ち込めるものがあるということは、自分カラーをアピールすることにつながり、ここぞという時に大いに役立つそうです。


                                                                                          S.Kさん*******************************************************************************************************


同日に開催したコース入門(行政・PS)では、税理士であり法学部教授の阿部徳幸先生、コース入門(司法)ではキャリアカウンセラーの道幸俊也氏をお迎えしました。
コース入門(行政・PS)の様子は◆◇◆こちら◆◇◆


*******************************************************************************************************
次回6月23日(水)は、全コース合同の共同講演会を実施します。
  講演の様子をご紹介しますのでお楽しみに。










関東学院大学 法学部にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://hougaku-old.kanto-gakuin.ac.jp

このニュース記事が掲載されているURL:
http://hougaku-old.kanto-gakuin.ac.jp/article.php?storyid=513