(2014年4月)今月のゼミナール紹介

ゼミナール紹介

 

 ゼミナールとは、大規模な教室での講義とは異なり、少人数のクラスで教員の指導を受けながら、専門的な分野について知見を深めていく授業です(大学ではしばしば略して「ゼミ」と呼ばれます)。
 ゼミナールに所属したメンバーは、他のゼミナールメンバーらと活発に討論をしたり、各自の探究したい問題について研究活動を進めていき、そこでの学習成果をもとに、4年次には卒業論文を完成させます。
 どのゼミナールでも個性的な運営がされていますので、大学に入学したら、自分が興味のあるテーマを追究できるゼミナールを選ぶことも、大きな楽しみの一つです。

ゼミナール論文について

  ゼミナールに入ると最終学年で、卒業論文を書くことになります。様々な分野で活躍する本学部の教員
  の指導のもとで、多彩な領域にわたる研究がなされています。
  ここでは2013年度のゼミナール論文の一部を紹介します。
           ここをクリック → ★☆★ゼミナール論文題目★☆★

今月の注目ゼミナール!

   

 大原 利夫 ゼミナール

 

 

テーマ : 社会保障法の概要と研究の基礎

 ゼミナールの様子はこちら

 

   

     ◆◇◆ゼミナール一覧◆◇◆






サイト名: 関東学院大学 法学部   http://hougaku-old.kanto-gakuin.ac.jp
この記事のURL:   http://hougaku-old.kanto-gakuin.ac.jp/modules/seminar14/index.php?id=141