受験生の方へ

テキスト名: 『「ネットの自由」VS著作権』 福井 健策(著)

 

【テキスト概要】

 本書は、弁護士である著者が、インターネット利用者の自由と著作権者の権利との相克、さらには情報に関する最適なルールとはどのようなものなのかについて、アメリカ政府のTPP知財文書の内容などを題材として、論じたものです。


 

 松谷 秀祐 先生
【採用理由】

 ある人が自分の権利・利益を無制限、無制約に主張すれば、多くの場合、他の誰かの権利・利益との矛盾抵触が生じてきます。その際に、問題の解決のためには、どのような基準(ルール)で誰の権利をどこまで認めるのかを考える必要があります。皆さんは、法学部の様々な科目で、あるいは社会に出てからもこの問題に(嫌というほど?)直面します。1年生の春学期という「頭の柔らかい」段階で、この思考パターンに慣れてもらうため、本書を選びました。

プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
HOT LINKS