受験生の方へ

テキスト名: 『悩む力』 姜 尚中(著)

 

【テキスト概要】

 情報ネットワークやグローバルマネーが拡大して出来た格差社会に生きる人間は、近代化により生じた諸問題に今も苦しむ。不安の時代を生き抜く逆転の発想として、著者はマックス・ウェーバーと漱石を通し「悩む力」の意味を説く。


 

 村椿 真理 先生
【採用理由】

 「悩む人間」を私たちは「運の悪い不幸な人」と捉えやすい。しかし実は「悩むこと」にこそ、生きる意味を見いだして行く秘訣があった。本書を選んだ理由は、そうした真理を本書が優れた教養と洞察から解き明かし、今を生きる学生達(読者)に、悩みに負けない力を提供し、勇気づけてくれるからであった。 

プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
HOT LINKS