受験生の方へ

2009年6月23日(火曜日)

2008年度卒業生大野俊介さん
カテゴリー: - univ @ 09時09分19秒

2008年度卒業生大野俊介(おおのしゅんすけ)さん

今回は、まさしく人のために働いている卒業生の登場です。
昨年度、2008年度の卒業生、大野俊介(おおのしゅんすけ)さんにお話を伺いました。

―――まずは、自己紹介をお願いします。―――
大野俊介といいます。病院(静岡県にある芹沢病院第1病棟介護)に勤務しています。

<大野さん>

―――お仕事の内容は何ですか?―――
病院で主に患者さんの身の回りの世話を担当しています。病院なので寝たきりの患者さんのお世話などを行います。排泄から入浴・食事・体位交換まで、かなり力仕事があります。

―――その職業を目指した経緯についてお聞きしたいんですが、身の回りに、要介護の方がいたんですか?―――
私の周りにはそういう同僚がいますが、私の場合は、そうではありませんでした。
たまたま自分のゼミ仲間の家族に今の職場に勤めている人がいて、その方に色々と職場のことを聞いたりするなかで、色々と考えました。まだ在学中の1月からこの仕事をし始めて、そのまま採用されて現在に至ります。
将来を見据えたときに、これからの時代に絶対必要な知識・技術だと思って、その関連の仕事として選択しました。これから高齢化社会を迎えるにあたり、社会奉仕をしたいという気持ちでこの職業を目指したんです。またこの仕事を通じ、数年後に介護福祉士の資格取得を目指し勉強中です。

―――就職してよかったことをお聞かせください。―――
良かったことについては、この仕事を通じ、高齢者に関する偏見・価値観が良い方向に変わったことです。

―――では、大変だったことは?―――
そうですねぇ、現在の仕事について、大変だと思ったことはないです。
自分の職場はシフトがありますが、基本的には、私は朝の7時から夜の7時までを自分の勤務時間として働いています。

―――ずいぶん長いですね。かなりの力仕事もありますよね?―――
そうですね。自分は新人で色々と学ぶことも多いので、人より長時間働いています。周りからはまた大野が働いているなんて言われたりもしますが、周りもだんだんと慣れてきたみたいですね(笑)。
ただ、職場の雰囲気を変えたいと思っています

―――具体的にはどういったことですか?―――
職場の雰囲気はとってもいいんです。和気藹々としていて、ただこの雰囲気のなかで馴れ合いになるのではなく、一人一人のモチベーションを上げて一つ一つの仕事のレベルを上げていきたいと思っています。これからを担っていく自分のような新人が率先して色々とやっていくべきだと思います。職場の先輩に色々と自分では気づかないことを指摘してもらい自分を成長させていけるよう努めています。

―――話は変わりますが、在学中に、お世話になった方などがいますか?―――
もちろんです。支援室の藤代さんをはじめ、他の職員さんも大変お世話になりました。
そのほかにも支援室の学生スタッフにも。また、私はよく図書館に通っていたので図書館の職員さんにもお世話になりました。

<支援室の皆さんと>

―――支援室の名前が出ましたが、支援室はどのように利用されたんですか?―――
当初は休憩場所として利用し始めました。そんな中で、集まった学生同士と会話することで心が休まったりしましたね。ここでであった友達は、社会にでてからも一生の付き合いになるような気がしています。

―――学生時代にそんな仲間に出会えてよかったですね。ところで、ゼミの先生はだれでしたか?―――
山下輝彦先生です。先生には勉強の仕方を教わりました。当初法学部に入ったのに、日本語の勉強をしたりして・・・恥ずかしくもありましたが、人との話し方なども含め人間力を鍛えてもらいました。また、山下先生の下、勉強サークルにおいて週2〜3回のペースで
法学検定、宅建、行政書士などめざしかなり勉強しましたね。おかげでサークル全員が法学検定3級にも合格しました。そんな仲間なので、現在も交流が盛んで、この8月にも先生含め皆で集まる予定なんですよ。本当にこのゼミに出会えてよかったです。
この大学に来なかったら今の自分にはなれなかったと思うし、この大学を選んで4年間過ごしたことは、自分にとって最善の選択だと思っています。

―――今後の目標をお聞かせください。―――
このまま、3年間働いて、まずは介護福祉士になります。その後2年間経験をつんでケアマネジャーを考えています。ただし資格を得るだけではなく、将来は現在の仕事の経験を活かし、新しい分野のビジネスを開発して行きたいと思います。
それから現場で働いているのでもっと人間性を高めていきたいです。職員との交流など社会人として現場で切磋琢磨しながら自分の人間力を高めていきたいです。資格はその道具に過ぎないと思っています。

―――いま新しい分野のビジネスという話がでましたが、具体的にはどういったことですか?―――
1家族が生を受けてから死ぬまでライフステージの相談役になれるようなビジネスを開発していきたい。もちろん資格取得が第一ですが・・。

―――それでは最後に、在校生にメッセージをお願いします。―――
自分のことでもありますが、大学に入学した動機って法曹を目指そうという人もいるとは思いますが、まだ漠然としていて将来の目標が決まっていない学生が多いと思います。でもせっかく大学に入ったならば4年間は社会に出るための準備期間なので、やはり勉強に本分をおいてほしいと思います。そのなかで得るものを1つでも2つでも3つでも増やしていってほしいと思います。
法学検定合格、宅建合格、行政書士資格取得など目標をもって是非実行ほしいと思いますね。4年間って長いようで短いですから・・・。

―――今日はどうも、ありがとうございました。―――
「ありがとうございました。」

nownownownownownownownownownownownownownownownownownownownownownow

【研究支援室の藤代さんが学生時代の大野君について語ってくれました。】

学生時代は山下ゼミの仲間と法の解釈の違いで、よく激論を交わしていましたね。
冷静に人の話をよく聞いて、それから自分の考えを伝える。ほとんどの学生が彼にバッサリと斬られていましたね(笑)

<藤代さんとツーショット>


HOT LINKS